テクニックに自信がなくても働ける

あまり経験がなくて、テクニックに自信がないと嘆いている女性も多いです。しかしそれでもあまり心配する必要はありません。性的なテクニックは必須のように感じますが、実態はそうでもありません。初めて風俗で働くことを検討している女性にこそ知っておきたい情報があります。

テクニックは後から身についてくる

働くことによって身についてくるのも、風俗におけるテクニックです。研修が充実しているお店であれば、身に着けることができるでしょう。また実践こそ大きな力になります。大抵男性というのは、気持ちよいことは共通していることが多いです。お客さんに褒められる行為を別のお客さんにすることによって、テクニックは修得されるもの。心配する必要がありません。テクニックは後からついてきます。

テクニックがないことが武器にもなる

またテクニックがないことも武器になることを忘れてはいけません。「こんな子が風俗で働いている」これこそ男性にとってはたまらないシチュエーションです。あえてテクニックがないことをアピールするのもよし。男性は性的なことを女性に教えてあげることに優越感を得ます。働く女性はそれを利用して稼いでいきましょう。

ただし修得する努力は必要

それでも何もしなくて良いわけではありません。ある程度テクニックは身に着けておくべきです。ないよりはあったほうが良いのも風俗としてのテクニック。修得するための努力する志は持っておきましょう。

あまりに気にしなくて良い

テクニックがないことで働くことを辞めてしまうのはもったいありません。ほとんどのケースで、求人に応募する時点では問題になりません。あまり気にしないようにしましょう。考え方次第でどうにでも埋めることができる悩みです。

関連する記事